子供の包茎は解消される?


子供が包茎に!包茎を治療したほうがよい年齢とは?

子供が包茎に!包茎を治療したほうがよい年齢とは?

生まれた時には全員包茎です。成長に伴って包茎は改善されていきます。生まれてすぐに包茎という診断はされませんが、ある時期から治療が必要になります。ペニスの成長の時期、セックスへの体験率などから具体的な治療年齢を整理します。

 

 

いつから包茎になってしまうのか?

 

新生児では100%包茎ですが、医者も生まれてすぐに包茎と診断するわけではありませんよね。医者が包茎であると診断するのは、病院に受診した際に診断されることであって、本人もしくは親が問題だと感じて病院に行った時点で包茎となるわけです。

 

 

病識を持った時点で包茎になるわけですが、本人が包茎であると意識し始める時、もしくは生活に支障が出るときというのは、セックスを意識する時でしょう。治療が必要となる時期も、この時期になると考えられます。

 

 

最近はセックスの低年齢化も進んでいます。結婚と出産に関する全国調査によると、18歳から19歳でのセックス体験率は男女とも3割。3人に1人はこの年齢の時点ですでにセックスを体験しているわけです。真性包茎やカントン包茎は病気として医療機関に認定されています。自分が意識した時点、治療が必要だと感じた時点で包茎になるわけです。

 

 

成長すると包茎は治るの?

 

男性は最初は全員包茎であるものの、年齢とともに包茎は改善していきます。日本小児外科学会の統計によると、小学生でも約30%は真性包茎であることが分かっています。新生児では100%だった真性包茎も、小学生では実に70%が改善しているわけです。成長によって包茎が改善することは明らかです。

 

 

ただし、包茎を意識し始める中学生から高校生にかけて、その後の成長で包茎が改善するのかとなれば、真性包茎の割合からもあまり期待はできません。小学生で7割が真性包茎から改善するという統計があります。真性包茎の改善に関する成長は小学生くらいまでに完了するという事に他なりません。それ以降は自然治癒が望めないことがわかります。

 

 

実際の例では、小学校6年生までは癒着を伴っていた真性包茎の男児も、中学2年生では完全に仮性包茎にまで成長していました。ペニスの成長は人によって異なりますが、中学生から高校生を超えた時点で包茎が改善していなければ、その後の改善は期待できないでしょう。

 

 

包茎を治療したほうがよい年齢とは?

 

日本小児外科学会によれば、包茎の治療に医学的な適齢期はありません。包茎自体は自分が病識として認識した時点で診断されるわけですから、包茎を治療したほうがよい年齢とは自分で定めるものなんです。

 

 

セックスの際に包茎を意識するとなった場合、18歳以上でのセックス体験率は全国調査の結果によれば50%を超えてきます。2人に1人はセックスを体験するわけですから、高校生や大学生では包茎手術など包茎の治療を受ける必要性は高まりますよね。

 

 

未成年であっても親の同意を受ける事ができれば、包茎手術を受ける事は可能です。セックスを体験する前にペニスを改善することで、女性に対して歪んだコンプレックスを取ることができ、その後の恋愛や結婚に良い影響を与えるでしょう。

関連記事


包茎手術体験談


子供が包茎に!包茎を治療したほうがよい年齢とは?



子供が包茎に!包茎を治療したほうがよい年齢とは?