包茎手術でぼったくりに合わない方法とは?


包茎手術でぼったくりに合わない方法とは?

包茎手術でぼったくりに合わない方法とは?

包茎手術でも美容外科クリニックなどのようにぼったくりは存在します。特に多い事例として高額請求になりやすい二つのパターンを知ることで、事前にぼったくり対策を行う事ができるでしょう。事前の準備さえできればぼったくりは十分回避することができるんです。

 

 

包茎手術でぼったくりってあるの?

 

信頼のおけないクリニックなどを利用してしまったことで実際にぼったくりにあったという人はいます。包茎手術を行うクリニックは包茎を治す医療機関でありながら、利益を求める企業でもあるからです。美容外科クリニックで、余計な施術を強引に勧められた…と同じようなことが包茎専門クリニックでも実際にあるんです。

 

 

美容外科のように包茎手術にも様々なメニューがあります。包茎の改善と一緒に、ペニスそのものを改善するというオプションメニューです。こちら側は望んでいないのに、勝手にクリニック側が勧めてきて、断れないよう雰囲気のなかで契約してしまった…。まさにぼったくりにケースですよね。

 

 

包茎手術でぼったくりを避けるには、包茎手術の目的を明確にしておくことです。誘われるがままに高額オプションメニューを追加していては、当初の予算を大きくオーバーしてしまいますからね。

 

 

包茎手術でぼったくりに合うパターン

 

包茎手術でぼったくりに合うパターンは大きく二つです。一つは、自分が考えていないような高額な包茎手術を選択してしまうパターン。もう一つは、長茎術、亀頭増大術などのオプションメニューを自分の意思とは無関係に料金が高くなってしまったパターンです。

 

 

包茎手術にも高度な技術が必要となるものがあります。結果、ペニスがきれいに仕上がるなどメリットはあります。ただ、できるだけ安く仕上げたかったのに、大幅に予算を超えてしまっては自分の意志に反して料金が高くなった「ぼったくり」になります。ただし、ペニスがきれいに仕上がったというメリットは意外にも大きなものですけどね。

 

 

強くぼったくりを感じるパターンは、まったく自分には必要のない高額オプションメニューを追加してしまったパターンです。長茎術、亀頭増大術でペニスがよくなったとしてもメリットはほとんど感じず、高額請求だけがデメリットとして残るなど、典型的な「ぼったくり」となります。

 

 

包茎手術でぼったくりを避けるには?

 

事前に十分料金、施術メニューを調査し、無料カウンセリングの際に自分の意思をしっかり伝えることです。無料カウンセリングは相談の場であり、クリニック側からすれば営業の場でもあります。無料カウンセリングの前にある程度自分の希望を固めておかないと、クリニック側の言いなりになってしまう場合があるんです。

 

 

包茎手術の基本料金はそのままペニスの仕上がりの綺麗さに反映されます。ある程度お金をかけないと、ツートンカラーになったり縫合跡が目立ったり、不自然なペニスになりかねません。このことも事前に知識を持ってカウンセリングに臨めば、自分の意思に反してぼったくりに合う事もなくなります。

 

 

特に不要な高額オプションを追加することだけは、きっぱりと断りましょう。断っても強引に勧めてくるクリニックはほとんどありません。仮にそんなクリニックがあれば即刻違うクリニックに変えればよいのです。最後の契約は自分の意志。事前に調べて気持ちを決めておけば、ぼったくりにあって高額請求されるなんて言う事はありません。

関連記事


包茎手術体験談


包茎手術でぼったくりに合わない方法とは?



包茎手術でぼったくりに合わない方法とは?