包茎手術のひきつり感などのペニス異常を避けるためには?


包茎手術のひきつり感などのペニス異常を避けるためには?

包茎手術のひきつり感などのペニス異常を避けるためには?

包茎手術後のペニス異常としてつっぱり感やひきつり感があります。つっぱり感やひきつり感はそれぞれ違った原因がありますが、共通している点は、執刀医が縫合テクニックが足りていないことにより生じるものです。ペニス異常を避けるには経験豊富な執刀医が担当することがよいです。

 

 

包茎手術のペニス異常にはどんなものがあるのか?

 

包茎手術の後に多くの人が悩まされるペニスが感じる異常としては、ひきつり感、つっぱり感があります。後遺症ほど深刻なペニスの異常ではありませんが、今まで感じたことのない違和感は、これからの性生活に悪影響を及ぼします。せっかく包茎問題から解放されたとしても、変な感じが残ってしまっては、高額な治療費を払った甲斐もありませんよね。

 

 

包茎手術後のペニス異常として挙げられるひきつり感は、縫合のバランスが悪かった場合に生じます。包皮を切除した際に、つなげる包皮の円周が異なる場合に発生しやすいです。

 

 

つっぱり感は、包皮全体の長さに余裕がない場合、つまり包皮を切除しすぎてしまって全体的につっぱることを指します。勃起時に特に感じる違和感であり、セックスへの不安を感じるペニス異常です。

 

 

つっぱり感やひきつり感は治せるの?

 

包茎手術後のつっぱり感やひきつり感は、自然に治癒される場合とそうでない場合に分けられます。つっぱり感やひきつり感がひどい場合は、初回の包茎手術費用以上の費用をかけて、修正手術を受けなければならないのです。

 

 

つっぱり感は包皮を切り過ぎて短く縫合した場合に生じます。つっぱり感は勃起を繰り返すことで徐々に包皮が伸びてくるのですが、時間が経っても強いツッパリ感が消えない場合は修正手術を受ける必要があります。

 

 

ひきつり感は縫合時の包皮のバランスが悪い事で発症します。つっぱり感とは違い、一部包皮が偏ってしまったために生じるもの。自然治癒は望ませんし、場合よってはリンパ液の流れを阻害させるため、ペリカン変形の原因にもなります。

 

 

包皮のつっぱり感などを避けるには?

 

包茎手術後の包皮のつっぱり感などは、執刀医の縫合スキルが低い場合に発生します。ペニスの縫合と包皮の関係はシビアであり、例えばABCクリニックなど大手専門機関のように、相当な経験と技術がなければ仕上げを良くすることはできないんです。

 

 

包皮のつっぱり感などを避けるには、経験豊富な医師に執刀して貰う必要があります。しかし、執刀医の経験年数やスキルはホームページなどで公表されてはいません。そのため、クリニック全体の実績で評価をすることが勧められています。

 

 

ABCクリニックでは、大手の中でも小さい規模の包茎専門クリニックではありますが、修正手術年間2,000件以上を担当しています。修正手術の経験が豊富であるという事は、ひきつり感やつっぱり感の原因を把握しているという事。経験があるからこそ正確な縫合、仕上げを行えるわけです。

 

包茎手術のひきつり感などのペニス異常を避けるためには?

ABCクリニックの詳細をもっと詳しく確認したい方はこちらをご覧ください。

関連記事


包茎手術体験談


包茎手術のひきつり感などのペニス異常を避けるためには?



包茎手術のひきつり感などのペニス異常を避けるためには?