包茎手術をすると感度が落ちるのか?


包茎手術をすると感度が落ちるのか?

包茎手術をすると感度が落ちるのか?

包茎手術で引き起こされる後遺症の一つに感度低下があります。感度低下による性生活への影響は、それほど深刻ではありません。包茎手術で感度を落とさないようにする方法は経験豊富なクリニックを選ぶことです。それに、自分でできる感度回復のマッサージもあるんです。

 

 

包茎手術で引き起こされる後遺症

 

泌尿器科医師会で報告されている内容やネットでも口コミがあるように、包茎手術後に発症する後遺症に悩まされている人もいます。例えば、長茎の中央で縫合されてしまう事でツートンカラーになってしまう、リンパ液の流れが阻害されてペリカン変形となってしまうなどです。

 

 

そんな後遺症の一つに感度低下があります。包茎手術によって包皮を切除した際に、性感帯までも切除してしまったからです。口コミでも包茎手術を受けた患者から感度が下がったと…という内容が寄せられているんです。

 

 

少なからず包茎手術ではペニスの状態を外科的に変えてしまいます。変化の違和感から感度が落ちたと感じる人も多いです。感度を回復させる方法や落とさないクリニック選びによっては感度低下を避けることができるんですよ。

 

 

包茎手術後も性生活に支障は?

 

包茎手術の後に感度が低下しても、性生活に影響があることはほとんどありません。なぜなら、多少の感度低下は射精時間のコントロールに良い影響を与えますし、時間経過やリハビリを行う事で感度は回復してくるからです。大きくペニスを変えたわけですから、状態になれるためには時間が必要なんですね。

 

 

感度の低下はマッサージクリームなどをペニスに使用し、繰り返しマッサージを行う事で回復させることができます。同時に新しく剥かれた亀頭も刺激になれるために亀頭マッサージを行う事も有効です。

 

 

性生活に影響するほどの不感症となれば、ペニスの勃起ができないレベルを指します。包茎手術によって心因的なストレスも原因になりますので、EDの治療を行う必要があります。深刻な感度低下は大きな問題となるんです。

 

 

包茎手術で感度を落とさない方法

 

包茎手術で感度を落とさないようにするには、感度に影響しない手術方法を選ぶか経験豊富なクリニックを選択することです。ツートンカラーやペリカン変形、感度低下などの包茎手術による後遺症の原因は、施術した医師の経験不足や手術方法の選択を誤っているからなんです。

 

 

ツートンカラーを避けるために行われる亀頭直下法では裏筋を一部切除することになります。今までの経験や実績による情報から、性感帯が集中している裏筋の切除を適切に避けることで綺麗な仕上がりを維持しながら包茎を改善することができますが、経験不足の医師では感度を著しく低下させてしまうリスクが高いです。

 

 

感度低下を防ぐために自分でできる外科的な工夫はありません。手術をしてもらうクリニック、先生を選ぶことで感度低下を防ぐことができるんです。また、生じてしまった感度低下も深刻でなければ、マッサージで回復させることで性生活をエンジョイできますよ。

 

包茎手術をすると感度が落ちるのか?

ABCクリニックの詳細をもっと詳しく確認したい方はこちらをご覧ください。

関連記事


包茎手術体験談


包茎手術をすると感度が落ちるのか?



包茎手術をすると感度が落ちるのか?