包茎手術のツートンカラーを避ける方法


包茎手術のツートンカラーを避ける方法

包茎手術のツートンカラーを避ける方法

ツートンカラーは病気ではありませんが、ペニスの見た目は悪くなります。手術が失敗したり、間違った手術法を選択しないようにする方法をご紹介します。

 

 

ツートンカラーとはどんな症状なの?

 

包茎手術によって引き起こされる後遺症の一つがツートンカラーです。長茎の途中で包皮を切除し、縫合されてしまう事で剥きたての包皮と長年空気に触れて色が濃くなっている根元の包皮部分との間に色の境目ができてしまう状態を指します。

 

 

ツートーンカラーによって起きる問題は、包茎手術をしたことが一発でばれてしまう事です。温泉に行けば恥ずかしい思いをするでしょうし、セックスの際に女性から指摘されてしまえば、男のプライドが崩れてしまいます。

 

 

ツートンカラーは後遺症ではありますが、病気ではありません。色の境目ができただけではペニスに影響はありませんが、結局コンプレックスになってしまえば包茎で抱えていた悩みが変わっただけになってしまいます。お金をかけてもあまり意味はありませんよね。

 

 

ツートンカラーの原因とクリニック選び

 

ツートンカラーの原因は環状切開法という最もシンプルな手術法を採用していることです。意志の技術もさることながら、安く、特にきれいに上げることを目的としていない人が行う手術法で主に病院泌尿器科で採用されています。包茎は改善されますが、ツートンカラーとなってしまうケースがほとんどです。

 

 

環状切開法を行いますと堂々と発表しているクリニックはありません。大体どこのクリニックも安い手術費用なら環状切開法になっている場合が多いです。器具を使って簡単に済ませるような手術は概ね環状切開法というツートンカラーになりやすい手術法と思ってください。

 

 

ツートンカラーを避けるには、切除位置を長茎の中央部ではなく、亀頭の直下で切除、縫合する亀頭直下埋没法もしくは亀頭直下法と呼ばれている術式を採用しているクリニックを選択する必要があります。

 

 

ABCクリニックはツートンカラーにならないの?

 

ABCクリニックでも手術法によってはツートンカラーになるケースがあります。価格の安いCSカット方式では切除位置を長茎の中央部分に決めるからです。CSカット方式はクランプを用いて電気メスで包皮を切除する簡易的な手術のため切除位置を選ぶことはできません。

 

 

ABCクリニックで行われているSカット方式では、切除位置を亀頭直下にすることができます。何故なら、クランプを用いず、医師がメスを使って切除位置を調整できるからです。

 

 

その分値段は標準の手術方法で5万円の差が生じます。ツートンカラーを避ける術式は高い技術力が必要でコストもかかるわけですが、手術後にツートンカラーのペニスがコンプレックスになると不安を抱えている人は、カウンセリング時に十分説明や質問をしてください。

 

包茎手術のツートンカラーを避ける方法

ABCクリニックの詳細をもっと詳しく確認したい方はこちらをご覧ください。

関連記事


包茎手術体験談


包茎手術のツートンカラーを避ける方法



包茎手術のツートンカラーを避ける方法