真性包茎の男は嫌いか?

真性包茎の男性でも女性と結婚し、家庭を築いている方もいます。何故なら、真性包茎の男性は苦労を重ねて女性のペニスへの希望をかなえているからです。女性がペニスに対して臭いや不潔感を抱かない方法を知ることで、恋愛・結婚へと二人の関係を高めることができます。

 

 

真性包茎の男性が嫌われるわけではない

 

女性は真性包茎に対しては、臭そう、不潔そうというイメージを持っていますが、真性包茎の男性自体を嫌いであるわけではありません。何故なら、真性包茎の男性でも結婚して幸せに暮らしている方は大勢いるからです。真性包茎だからすぐ病気になる、女性に嫌われるというわけではありません。しかし、状況によっては女性に嫌がられ、恋愛が成立しない可能性があります。

 

真性包茎でも夫婦関係は成り立ちます。女性は真性包茎のペニスに対しては清潔面や雑菌の繁殖による性感染症の不安を持っていますが、不安要素を乗り越えるほどの気持ちのつながりがあれば結婚、幸せな家庭を築くことはできます。しかし、男性は性依存に陥りやすい存在。浮気や風俗などでうっかり病気をもらってしまった場合、夫婦関係は当然破綻します。

 

女性に嫌がられ、恋愛が成立しない可能性は、まだ気持ちが高まっていない状態でセックスに臨むからです。セックスの低年齢化や価値観の低下によって気持より先に身体を求めあう傾向にあります。気持ちがないのに真性包茎でセックスがうまくいかない場合、次の心のステップに進めない場合があるのです。

 

 

真性包茎でも女性に嫌われないようにする方法

 

真性包茎の男性であっても、女性が不安に思っていることに対して対策することができれば嫌われることはありません。何故なら、真性包茎が引き起こす問題に対して気にしているのであって、男性自体が嫌いなわけではないからです。真性包茎ことを女性がどう思っているのかを理解すると、コンプレックスを乗り越えて恋愛、結婚に発展することができます。

 

女性が真性包茎に対して持っているイメージは、早漏、臭い、不潔です。臭いは少しでも亀頭を洗うことができれば解消できます。臭いは不潔のイメージを強くします。できる限りペニスを清潔に保ち、女性に不快な思いをさせないようにしましょう。早漏については真性包茎の男性だけの問題ではありませんが、男性のセックスへの劣等感やペニスの刺激に対する耐性に大きく影響します。

 

ペニスを清潔に保つことができればよいのですが、真性包茎では亀頭を洗うことができないので、かなり難しいことです。早漏もコンプレックスを抱えている状態では改善には時間を要します。狭い包皮口から何とかして水などを入れ込むなど、とにかく清潔を心がけるようにしましょう。

 

 

真性包茎でも女性には気持ちを表すことが大切

 

真性包茎の男性が女性に嫌われないようにするには、気持ちを行動にあらわすことが大切です。何故なら、女性は男性器の形より内面の好きという気持ちを優先するからです。真性包茎の男性でも結婚している事実からも女性が気持ちを求めていることは明らかですよね。気持ちを表す具体的な方法を知ることで、女性の心をつかむことができます。

 

具体的にはペニスを生活に保つための工夫をすること、早漏を解消できるようにコンプレックスを解消し、自信を持つことです。真性包茎の場合、亀頭を露出することはできませんので、包皮と亀頭の間に水分を入れ込み、できるだけ恥垢を取り除くことが必要です。また、コンプレックスが射精時間に大きく影響するため、別の自信、例えば仕事や財力などのステータスを身につけることも良いでしょう。

 

女性は真性包茎の治療を望んでいるというアンケート結果があります。真性包茎の治療を行うことも、女性への気持ちを表す一つの方法です。費用面や手術後のペニスの後遺症などが気になりますが、安く治療できる病院泌尿器科での治療がよいです。後遺症が気になるなら実績が豊富な包茎専門クリニックでの治療もできます。手術後に痛みを我慢する期間が4日前後必要ですが、結果パートナーの気持ちをつかむことができます。