真性包茎は周りの人にバレると馬鹿にされる?

真性包茎は全ての男性が見たらすぐにバレますし、隠し通せるものではありません。なぜなら、結構男性にはトイレや温泉などペニスを見せるタイミングが多いのです。女性全員に見せることはありませんが、恋人なら確実にペニスを見せます。周囲に隠す必要のない状態まで治療すれば悩みも解決するはずです。

 

 

真性包茎はコンプレックスなのか?

 

真性包茎はほとんどの人にとってコンプレックスです。なぜなら、真性包茎は汚い、臭い、早漏、病気になりやすいという男性のセックス要素に大きくかかわってくるからです。真性包茎の悩みを抱えている人の多くは、できれば治したいと思っているでしょうし、あまり他に人には見せたくないと考えていますよね。

 

すべての男性は最初は真性包茎です。しかしながら物心ついた頃から包皮をいじり始めます。最初はおしっこを遠くに飛ばすためかもしれません。亀頭が臭うからと包皮内を洗うのに徐々に剥き始める人もいます。何らかのきっかけで包皮反転を繰り返すようになり真性包茎から仮性包茎、そして普通のペニスへ。ペニスの成長に伴ってノーマルに変化していきます。

 

だからこそ、他の男性は真性包茎の人の気持ちがよくわかるとともに、かわいそうだと同情します。女性は真性包茎とのセックスを嫌がる傾向にあります。臭いも嫌でしょうし、早漏や病気になりやすいという知識くらいはあるのです。周りは真性包茎の男性を意識的に下見に見てしまうことを、真性包茎の男性は避けることはできないでしょう。

 

 

真性包茎を隠すことはできるの?

 

真性包茎であることを周りに隠すことはできますが、ふとした時にバレる事はあります。なぜなら、男性器はセックスの時だけ見せるわけではないからです。例えばトイレで隣の人のペニスが見えることがありますよね。意識して見ることはなくても目に入ることはあるでしょう。また、温泉などで人前で裸になる時、徹底的に陰部を隠さないとやはり他人に見られます。友人と一緒に行くのなら、ペニスを隠し続けることは難しいでしょう。隠しすぎることで余計に勘ぐられまからね。

 

周りの男性には隠し通せることはできるかもしれませんが、女性、特にセックスの対象者にはまず隠せるものではありません。バレればその女性から周りに真性包茎であることが漏れていくかもしれません。つまり、完全に隠し通すことは不可能なのです。

 

真性包茎が隠せない、加えて男性のコンプレックスとして周囲に馬鹿にされることもあるなら、やはり治療を行うことを考えていきたいものです。手術することで真性包茎を治療することはできますが、手術痕が残ってしまえば、真性包茎だったことが周りにバレてしまいます。

 

 

手術したことがバレない方法は?

 

真性包茎の手術をしたことがバレないようにするには、手術痕をできるだけ目立たないようにすることです。真性包茎手術の基本は、必要のない包皮を切除し、縫合する医療行為です。切除すれば当然切除痕が現れますし、縫合の跡も残ります。手術痕をできるだけ目立たないようにするには、熟練の医師による手術が必須となります。

 

真性包茎の手術経験が豊富なのは病院泌尿器科ではありません。確かに、医師としての専門知識を持って真性包茎治療を行ってくれますが、あくまで治療が目的であり、手術痕にこだわる事はありません。対して、包茎専門クリニックは徹底的に仕上がりにこだわります。病院にはできない独自のスキルをアピールすることで患者を確保できるからです。生き残りをかけて必死で質を高めています。

 

熟練の医師は包茎専門クリニックにいます。豊富な治療経験があり、手術痕をできるだけ残さないようにしてくれるクリニックで治療を行うことがよいでしょう。追加の料金を支払うこともあるかもしれませんが、男性が見てもバレないくらいの仕上がりのきれいなペニスを手に入れることができます。もう、周りを気にする必要はなくなるのです。