真性包茎手術で失敗なんてするの?

真性包茎手術での失敗は、治療したのにペニスが変形するなどし、コンプレックスを感じてしまうことです。真性包茎は治療できたのに、まだペニスに不満があれば手術失敗ですよね。真性包茎が失敗する原因は治療機関の選択が間違えているからです。治療実績が十分ある医師を選ぶことで、悩んでいたペニスを自分の自信に変えられます。

 

 

真性包茎手術が失敗する原因

 

真性包茎手術も失敗する原因は、手術にあまり慣れていない医師が担当してしまうことです。熟練の医師では選択しないような切除位置となったり、縫合技術の悪さからペニスが変形してしまうことがあります。真性包茎の手術を失敗したとしても命を落とすことはありません。ですが、失敗したペニスを一生使い続けなければならなず、強いコンプレックスを感じることになるのです。

 

真性包茎手術の失敗の結果、多く見受けられる後遺症としてはツートンカラー、ペリカン変形、縫合による引きつれです。ツートンカラーは切除位置が亀頭より遠いことで黒とピンク色の境界がはっきり見えてしまうことです。ペリカン変形は縫合させる包皮の長さが合わないことでペリカンのくちばしのような変形が生じます。引きつれは縫合のバランスが悪く、片側に寄ってしまったり、挿入時に痛みを感じることさえあります。

 

手術によって真性包茎は改善されていますが、ペニスが変形してしまうことで、また新たな治療を自費で行わなければなりません。治療機関をしっかり選ばないと、経済的にも、精神的にも負担が生じてしまいます。

 

 

泌尿器科と包茎専門クリニックのどちらが失敗しないのか?

 

真性包茎の治療期間は病院泌尿器科か包茎専門クリニックの二つがありますが、失敗する確率が低いのが包茎専門クリニックです。何故なら、病院泌尿器科では手術の経験が圧倒的に少ないからです。真性包茎に限らず、包茎手術の仕上がりの綺麗さ、後遺症の発生リスクの少なさは医師のスキルに大きく左右されます。経験の少ない医師が治療を目的に手術を行うことで、性生活がさらに悪化するかもしれません。

 

病院泌尿器科は真性包茎の治療を目的としているため、治療後の仕上がりにはそれほどこだわっていません。その結果生じやすいのがツートンカラーです。安全に縫合するために亀頭から離れて切除・縫合するため、多くの人がツートンカラーで悩んでいます。更に、ペリカン変形や引きつれは切除・縫合技術が極端に低いために発生します。後遺症が生じている時点で完全に手術失敗ですよね。なぜなら、ペニスのコンプレックスが解消されていないのですから。

 

失敗しない治療機関を選ぶなら、仕上がりにこだわる包茎専門クリニックを選びたいものです。ただし、病院泌尿器科に比べてかなり費用がかかります。費用を抑えようとすると後遺症のリスクを受け入れることになり、綺麗に仕上がるための最低限の費用はしょうがないと思えば、一度の手術で希望通りのペニスを手に入れることができます。

 

 

包茎専門クリニックでも失敗するの?

 

包茎専門クリニックでも、経験が不足していたり、仕上がりをきれいにするための追加のオプションを選択しないと真性包茎手術は失敗します。手術後の生活の不便さや痛み耐えたにも関わらず、まだペニスのコンプレックスが消えていなければ手術をした意味がありませんよね。クリニックを選ぶコツを知ることで、女性に対しての劣等感が消えるだけでなく、男としての自信を勝ち取り、人間としても強くなることができます。

 

包茎専門クリニックでも、全国展開している大手クリニックもあれば、少数の医師が行っている地域限定のクリニックがあります。どちらを選べばよい、というわけではありません。ポイントとのなるのは実績と追加のオプションの有無です。

 

豊富な実績があるクリニックは失敗も当然少ないです。ただし、間違いやすいのはクリニック全体の実績数ではなく、個人医師の実績数です。新しく他の診療科から転科したての医師は、法人全体の実績が多くても、経験不足の医師である場合があります。その点、個人のクリニックは経験がそのまま医師のスキルといっても良いでしょう。追加のオプションを選択しなければ縫合位置が目立ってしまう場合もあります。

 

大手クリニックを選択するなら、無料カウンセリングで担当医師の実績や縫合位置、後遺症のリスクについて十分確認しましょう。大手クリニックで実績が豊富であることが最も安全に真性包茎手術が行えるでしょう。