真性包茎手術は傷跡が目立つ?

真性包茎の手術であっても、傷跡を残さないように治療を受けることができます。病院の泌尿器科では導入されていない亀頭直下埋没法などの手術も、包茎専門クリニックなら受けることができます。傷が目立たない真性包茎手術の費用や技術が分かれば、もうクリニック選びで悩むことはありません。

 

泌尿器科で真性包茎手術すると傷跡が残るってホント?

 

病院泌尿器科は真性包茎の症状を改善することが目的ですので、傷跡を目立たなくするような専門的な技術を持っているわけではありません。そのため、病院泌尿器科では傷跡が残ってしまう場合が多いです。全てではありませんが、真性包茎を含めた包茎手術の修正手術が必要となるケースの中には泌尿器科での治療後の患者もいます。

 

 

真性包茎手術において傷跡が残るということは、長茎の中央付近で余った包皮を切除・縫合するからです。傷跡が残らないようにするには亀頭冠に沿って切除・縫合する亀頭直下埋没法などの特殊な技術が必要になりますが、泌尿器科で導入しているところ、私が調べた中では見当たりませんでした。あったとしてもごく一部の病院のみ。自宅の近くで治療が受けられる可能性は少ないです。ちゃんとした病院も少ないし、見つけたとしてもその病院で治療を行えるかは分からない…ということが現実です。

 

 

病院泌尿器科はあくまで治療が目的であり、手術後のデザインを気にはしていないドクターが多いです。亀頭直下埋没法は性感帯の一部である裏筋を傷つける可能性があり、保険点数も変わらないためリスクを冒してまで治療を行う必要がないからかもしれません。

 

 

傷が残らないように真性包茎手術する場合の値段は?

 

傷跡が残らないように真性包茎を望んでいる場合、病院泌尿器科で治療は難しいです。手術費用はかかりますが、包茎専門クリニックでの治療を選択する必要があります。一般的なクリニックの真性包茎手術費用は10万円から20万円と高額ですが、傷跡が残ることはほとんどありません。

 

 

真性包茎の手術後の傷跡は後遺症と呼ばれ、真性包茎の症状はなくなりますが、手術痕というコンプレックスが残ります。コンプレックスは恋愛やセックスを消極的にし、心を開いて女性と付き合うことが難しくなるかもしれません。

 

 

言葉は失礼かもしれませんが、傷跡を残さないようにするならお金をかけるしかないです。クリニックによっては傷跡を目立たなくなる手術法を選択する場合、追加の料金が必要になります。上野クリニックでは綺麗な仕上がりのために複合曲線作図法を導入していますが、費用は20万円前後必要になります。クリニックによっては追加のオプションではなく、手術の種類によって傷跡の残りかたの強弱をつけているところもあります。

 

 

傷跡は一生残るもの!真性包茎手術は専門クリニックがオススメ!

 

ペニスを手術した後は、どうしても傷跡が残ってしまうので治療に一歩踏み出せない人も多いでしょう。傷跡をできるだけ目立たないようにするなら、包茎専門クリニックを利用する必要があります。病院泌尿器科では行っていない、傷跡を目立たなくする手術法を導入しているからです。

 

 

ただし、包茎専門クリニックでも傷跡を残さない特殊な手術と称して追加の料金を取るところがあります。更に費用がかかってしまうのかと悩んでしまいそうですよね。費用で悩まずに、安心して手術を受けることができるクリニックがABCクリニックです。

 

 

ABCクリニックの真性包茎手術メニューは真性包茎Sカットしかありません。この手術法は医師の手によってレーザーメスを使わずに手を行うことから丁寧な縫合、そして傷跡も目立たなくすることもできます。ただし、切除位置を亀頭直下に指定することで追加の料金が取られることもありますので注意が必要です。高い技術力は20万人以上の実績から裏付けされています。傷跡を一生残すという後悔をしないためにも技術力の高いABCクリニックなどを選択したいものです。