真性包茎手術中の痛みは?術後の痛みは?

真性包茎の治療に伴う痛みはクリニックによって変わります。経験や実績が豊富なクリニックを選べばよいわけではないんです。最近は無痛麻酔のクリニックがあり、どうしても避けられなかった手術前の麻酔の痛みをなくしてくれます。真性包茎の治療に伴う痛みを改めて確認し、ストレスなく治療を受けられる方法を身に付けられますよ。

 

 

麻酔や手術中の痛みは?

 

真性包茎の手術は身体の一部を切除するので、痛みは避けて通れない…というわけではありません。特に痛みに対して慣れていないペニスなだけに、できるだけ痛みに苦しむことは避けたいですよね。全てのクリニックで真性包茎の手術は局部麻酔で行います。手術中に痛みを感じることはまずありませんが、技術が不足しているクリニックでは局部麻酔が十分効かず術中に痛みを覚えることがあります。麻酔の効果はクリニックの技術力や実績によって左右されるのです。

 

 

また、麻酔に対して特別に取り組んでいるクリニックなら、麻酔を施す際の痛みも可能な限り抑えられるように工夫しているんですよ。本来、局部麻酔は注射によって薬剤を注入することで一部のエリアの感覚を麻痺させます。その際の注射の痛みは相当なものです。工夫しているクリニックなら注射の麻酔を行う前に表皮麻酔や冷却などにより注射の際の痛みを取り除いています。クリニックによって麻酔の際の痛みを感じるかどうかは大きく変わってきます。

 

 

手術後の痛みは?

 

手術後の痛みは残念ながら避けることができません。なぜなら、術後も麻酔を受け続けることはできず、皮膚切除部分は必ずと痛みを感じることになるからです。ただし、施術後の処方薬では、痛み止めの薬や軟膏を受け取ります。一般的に施術後に痛みを感じるとされている数日間は痛み止めを飲みながらひたすら痛みに耐えるしかありません。

 

 

手術後の痛みについては、クリニックの実績や技術力に左右されるところも一部ありますが、ほとんどの場合は個人の工夫になります。定期的な服薬を続けることもそうですし、排尿時に少しずつ放尿するようなコントロール、豆にガーゼを変えることでガーゼと浸出液がくっつかず痛みを避けるなどなど。ペニスに激しく摩擦を加えないように数日行動を制限すること有効ですよ。ペニスの朝立ちを避けるよう、夜寝る前にしっかり排尿していくことも大切です。

 

 

ただし、傷口の治りの早さはそのままペニスに痛みを感じる期間を短くしてくれます。縫合の仕上がりがきれいであれば痛みを我慢する期間は短くなるわけです。実績と経験が豊富なクリニックを選択することで多少手術後の痛みを抑えることができます。

 

 

痛みが心配なら無痛麻酔のクリニックがオススメ!

 

真性包茎の治療に伴う痛みをできるだけ減らすなら、実績と経験が豊富な包茎専門クリニックだけでなく、麻酔時の痛みに対して特別な取り組みをしているクリニックを選択する必要があります。実績と経験のあるクリニックでは手術中の麻酔をしっかり効かせることができ、皮膚切除部の傷口を早く治してくれことから手術後の痛みも和らげてくれます。しかし、それだけではなく施術前の麻酔注射の前に痛みを取り除く工夫をしているからこそ、真性包茎の治療の痛みを少しでも少なくすることができるからです。

 

 

術後の痛みは避けて通ることはできませんが、麻酔時に特別な工夫をしているクリニックなら避けて通ることができる麻酔時の痛みに対して有効ですよ。上野クリニックでは、施術前の麻酔に対して3ステップで徹底的に麻酔時の痛みを和らげています。

 

 

基礎麻酔では表皮をスプレー式で麻痺させ、特殊な冷却ジェルでペニスを深部まで冷却麻痺させ、最後に極細の注射針を用い丁寧にペニス全体に麻酔を行き届かせます。しっかり麻酔が聞けば手術中の痛みを全く感じることはありませんよ。無痛麻酔のクリニックなら、避けることができる痛みは確実に避けられます。