真性包茎手術をするには泌尿器科かクリニックか?

真性包茎の治療の選択肢は泌尿器科と包茎専門クリニックの二つです。健康保険適用が認められている真性包茎は泌尿器科で安く治療ができますし、包茎専門クリニックは自由診療ではありますが仕上がりの綺麗さか特徴です。泌尿器科とクリニックを治療費、技術力で徹底比較し、どちらなら満足いく治療ができるかを見極めることが出来ます。

 

 

泌尿器科とクリニックの治療費で比較

 

泌尿器科は包茎専門クリニックに比べ費用を抑えて治療を受けることが出来ます。その理由は泌尿器科は健康保険適用で真性包茎の治療ができるからです。健康保険適用となると、真性包茎の泌尿器科での治療費用は2万円から3万円程度となります。包茎専門クリニックは自由診療となり全額実費の15万円から20万円ですので、比較するとかなり安く治療を受けることが出来ますよね。

 

 

泌尿器科でも基本的には日帰りの手術となりますが、病院によっては入院しなければならない場合もあります。入院を伴う包茎手術は7万円ほど。術後の安全を優先する病院だからこそ入院手術を勧められるわけです。

 

 

病院側は、術後の縫合が定着する前に普段の生活に戻ることで再出血や感染症の可能性を考えているのでしょう。身体を動かすことで痛みを感じるケースが多いことから最も安全な治療法を選択します。身体のことを最優先に考えている病院泌尿器科ならではの治療スタンスですし、安さと安全を両方兼ね備えていることがわかりますよね。

 

 

泌尿器科とクリニックの技術力で比較

 

病院の泌尿器科も安全面では高い技術力を備えています。なぜなら、身体にメスを入れることを専門にしているドクターが手術を担当するからです。しかし、仕上がりの綺麗さを追求した経験と技術力があるわけではありません。泌尿器科と包茎専門クリニックとの差は、仕上がりの綺麗さにあるのです。

 

 

包茎専門クリニックは真性包茎を含めたペニスに対する手術の専門家です。包茎の治療の基本は外科手術ですので、仮に泌尿器科にも包茎専門クリニックにも同じ経験実績があったとしても、包茎専門クリニックの方が包茎手術に長けています。

 

 

また、クリニックは自由診療で治療しなければならず、泌尿器科とは費用面で敵わないことは理解の上。仕上がりの綺麗さに差をつけることはクリニックの生き残りをかけているわけです。ABCクリニックでの他院からの修正手術件数、年1,500件以上という数字からも、包茎専門クリニックがいかに仕上がりにこだわりを持っているか、泌尿器科に比べて包茎手術の技術力が高いのかを伺い知れますよね。

 

 

あなたは仕上がり重視?治療費重視?

 

泌尿器科と包茎専門クリニックとの差は、手術費用と仕上がりの綺麗さです。真性包茎の治療は泌尿器科と包茎専門クリニックしかないといっても言い過ぎではありません。つまり、傷跡が目立ってもいいので安いほうがいいという場合は泌尿器科、費用が掛かっても傷跡が目立たないほうがいい場合は包茎専門クリニックを選ぶことになります。

 

 

ですが、安さは時に後悔を招くことになりますよ。確かに安くて安全な泌尿器科で治療を受けることは正しい選択ですが、手術をした結果、仕上がりに不満を抱けば最悪、修正手術をすることになります。修正手術の相場はクリニックね15万円から20万円。病院泌尿器科では修正手術は行なっていません。ある程度の仕上がりの悪さを覚悟の上であくまで治療費の安さを重視するなら泌尿器科で治療することになります。

 

 

包茎専門クリニックは自由診療のため治療費はかかりますが、傷跡が目立たせずに真性包茎を治療することが出来ます。泌尿器科で行われる冠状切開術ではなく、傷跡が目立たない亀頭直下埋没法などを導入しているからです。ですが、特殊な術式はオプションのため、クリニックによっては追加の治療費がかかる場合があります。コストを抑えて治療を受けることができるクリニックを選ぶことで、クリニックのデメリットを小さくすることが重要となります。